扶養に入っても個人事業主 IT系の仕事

自分で働き方を決めることが出来る個人事業主。 IT系の仕事はやりがいのあるものです。
雇われて仕事をするとなると、自分で仕事を選ぶことが出来ません。
場合によってはやりたい仕事でない部署に回されてしまい、必要な経験自体を積んでいくこともできないこともあるのです。
もちろんチームでの仕事ではありますから、華やかな部分ではない仕事も必要ではあります。
しかし、自分のやりたいことがあるならそれに近い仕事をこなしていかないと夢の実現に近づくことはできません。

そういった意味では仕事を選べる個人事業主という形は、夢を実現していくための近道ということが出来るのです。
しかし、仕事が軌道に乗るまではなかなか仕事が取れないこともあります。
そのような状況が続くと、生活にも影響が出てくるでしょう。
希望していない仕事も受けざるを得ないかもしれません。
いつの間にかそちらの仕事がメインになっているという事もあるのです。

しかし、自分のやりたい仕事があるなら、一時的に配偶者の扶養に入るなど、自分の専門分野に絞って仕事を受けていくという事を心がけてみましょう。
やりたい仕事であれば働いていても、いくら忙しくても楽しいものですし、集中して経験を積むことが出来るためにそれだけ上達も早くなります。
それにより、さらに高いレベルの仕事もこなせるようになっていくのです。
このような形で家族の支援も受けつつ、自分の専門分野を築いて行けると同じ仕事でも面白味のあるものへと進めていけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です