フリーランスの苦労について

「個人事業主 IT系」についてリサーチすると、登録制の仕事の仲介サイトを見つけることが出来ます。
仲介サイトには、仕事の依頼者がフリーランスのエンジニアに請け負って欲しい案件を大量に載せているので、一見するとフリーランスでも簡単に収入を得ることが出来るように見えます。

しかし、仲介サイトにはプロジェクト案件というクライアントが仕事の請負を希望するフリーランスの見積もり案を吟味して依頼する人を決める形が大半で、他のフリーランスと仕事の取り合わなければなりません。
プロジェクト案件は、クライアントがフリーランスのこれまでの仕事の実績を調べることも可能ですので、必然的にフリーランスとしてしっかり実績をあげている人に依頼が行くことが多いです。
いきなりフリーランスになった人は、仕事をもらうことができず苦労することになります。

また、仮にプロジェクト案件を請け負うことが出来ても、一度限りの単発の仕事で終わってしまうことになると、継続的な収入を得るためにはまた別のプロジェクト案件を勝ち取らなければならないのです。
当然、家族を扶養していくためには安定した収入が不可欠になりますので、フリーランスとして活動するなら、プロジェクト案件で会ったクライアントに積極的にコミュニケーションとり、人脈をつくっておくなど仕事を継続してもらうための努力をする必要があります。

この点をクリアすれば、自分のライフスタイルを尊重しながら快適に仕事が出来るのがフリーランス利点が活きてくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です